毎月1日更新!コラム

うっとうしい梅雨の季節です。
特に県内では原発処理水の海洋放出が決まったことで風評問題が再熱、新たな課題を。
時季の鳥カッコウは他鳥の巣に卵を産み、子育てまでさせる無責任な習性を持ちます。
が、風評払拭では東電と政府が当事者としてこの責任を果たし、
仮にも言葉や格好だけで済まさぬよう願いたいものです。
(井蛙)

前の記事

第145回番組審議会